オンラインショップはこちら

八幡屋礒五郎ブログ

八幡屋礒五郎ブログ

CATEGORY
ARCHIVE

自社農場は、寒いところ。

農場便り

とあるよく冷えた朝のこと。

この日は、なんだか今日はいつもより雪面がキラキラしているなぁ、とわくわくしながら出勤しました。

そして会社に到着すると、花椒の木がもこもこ(ふわふわ?)していることに気がつきました。

IMG_0088.JPG

なんか面白そうだ!と思って近づいてみると、

IMG_0090.JPG

ほんとにもこもこしていました。

「霧氷」と言うそうです。

霧氷は、氷点下で湿度が高く、風の弱い日にしか現れないと言われています。

これは自社農場の冬の厳しさと美しさをお伝えするチャンス!と思い、農場で見つけたいろいろな形の霧氷を撮影してみましたので、ご覧ください。

エントリーNo.1 ひし形の結晶

IMG_0087.JPG

ひし形のような結晶が見えます。トゲの先端につくギリギリの脆さにはらはらします。

エントリーNo.2 密度の高い結晶

IMG_0089.JPG

こちらも同じ形の結晶ですが、より密度が高く、枝全体が毛の生えたように白く覆われていました。

エントリーNo.3 支柱につく結晶

DSCN9393.JPG

もはや花椒の木ではありませんが、面白かったので撮ってみました。

エントリーNo.4 針状の結晶

DSCN9389.JPG

こちらも支柱ですが、さっきのとは違う形の結晶です。針のようにチクチクしています。

とりとめもなくなりそうなので写真はこれで終わりにしますが、他にも排水溝など、こんなところが?というところにも霧氷が現れていました。

この日の朝の気温は-11℃。

厳しい寒さだからこそ見られた光景でした。

皆さまにも、自社農場の寒さ、想像していただけたでしょうか。

とはいえ、最近の信州は少し気温の高い日が続き、農場の雪も一気に溶けてしまっています。

(それでも最低気温は毎日氷点下ですが...笑)

もしかすると、こんな景色を見られる日も、もうそんなにないのかもしれませんね。