八幡屋礒五郎ブログ

八幡屋礒五郎ブログ

CATEGORY
ARCHIVE

ゴマの脱穀。

農場便り

パイプハウス内で天日干ししていたゴマが、十分に乾燥しました。

9.20-1.jpg

「サク」が開いて、黒い粒が顔を出しています。

脱穀開始です。

9.20-2.jpg

ゴマの脱穀は、適した機械が存在しないので完全に手作業です。

逆さにして、棒で叩いて「サク」の中のゴマ粒を出します。

9.20-3.jpg

篩でごみを取り除くと

9.20-4.jpg

このようになります。

この後は「唐箕(とうみ)」という風力選別機で軽いごみを風で飛ばして取り除き、洗浄し、乾燥させます。

自社でできるのはここまで。

最後は、ゴマ処理専門の会社さんにお願いして、完全にごみを取り除いて、

ようやく原料として使用できる「ゴマ」になります。

小さい原料ほど、食べられるようになるまで多くの手間と時間がかかります。

Page Top